CGN

オフチェーンの少額取引

弊社は、すぐに利用可能でスケーラブルなオフチェーンの時系列データベースシステムを使して、少額取引を保存し、戦略的にEthereumブロックチェーンに接続します。このソリューションは、ブロックチェーンの正確性を証明するメリットと共に、時系列データベースのパフォーマンスとスループットのメリットをもたらします。弊社は、設計、構築、導入が複雑ではない、ニーズにしっかりと対応したシステムを構築できると確信しています。

DServiceに対する各要求は、どれほど素早く実行されたとしても、請求可能なイベントとみなされ、少額取引の形で記録するよう求められます。このような要求は非常に多く発生するため、これらの取引を迅速に処理し保存することが非常に重要です。取引データは常に入手可能であり、請求を行うために地域CGNノードからもアクセスされます。請求の完全な透明性により、システムのユーザーは以前の取引をすべて表示し分析できます。

少額取引は詳細なレベル(つまり、1回ずつ)で記録されますが、サービスのコストが身近な通貨で各購買客に示されるように不換通貨で記録されます。Dyncoinでのブロックチェーン上の取引の場合、予定されているプロセスでは合計を回収可能または支払可能とし、不換通貨で測定して金額を各少額取引時点のDyncoin値に換算し、Dyncoinを使用して総額取引を行い、それをブロックチェーンに記録します。

要約すると、弊社は不換通貨を使用して、請求額と支払額を詳細かつリアルタイムに記録します。また、定期的にDyncoinを使用して、その収益を回収するか、または買掛金を支払います。これにより、十分に詳細な使用データの取得、収集、分析を犠牲にすることなく、ブロックチェーンで使用するのにふさわしい取引回数につながります。

image-2018-08-13-freshblue