MediaRich.ioとは

弊社は、最先端のサービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)ソリューションを構築しています

コンテンツ生成ネットワークは、新しいサービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)商品です。サーバー、モバイル機器、PCのアイドル時間を利用させていただくため、お客様(誰でも)にお支払い致します。

弊社ではこれらの未使用リソースを集め、可用性の高いコンピュートリソースの膨大で高度にスケーラブルな信頼性の高いエッジ対応のCDNと互換性のある堅牢なネットワークに再構成します。

次に、このインフラストラクチャを分散型サービス配信インフラの形で、クラウドベースアプリケーションのオペレータにリースします。オペレータは、この強力で便利な信頼性の高いシステムを使用して、かなり低いコストで大きな規模のサービスを行うことができます。

Dyncoinと呼ばれる新しいユーティリティートークンによって、どのお客様も利用時払いが可能になります。

今日のクラウドベースのクライアントサーバーアプリケーションの大規模な導入は、それがWebベースのソフトウェア、PCにインストールされたソフトウェア、または利用可能な2〜3百万のモバイルアプリケーションの1つであっても、このようなアプリケーションを動作させるサービスを確実に行う必要のあるクラウドインフラの必要性が驚異的に伸びる結果につながっています。

1759-freshblue
問題の状態

グローバルコンピュートインフラに関連する問題

消費の非効率性

信頼性の高いコンピュートインフラは、取得して運用するのに費用がかかります。その結果、インターネットベースのアプリケーションやサービスを販売する企業に共通のニーズを満たすことが困難になっています。

データセンターには、高度な運用システムに関連する膨大な資本コストがあります。データセンターにホストされているクラウドインフラサービスは、基本的な費用体系は同じですが、使用するのに通常はさらにコストがかかります。

passes-through-the-digital-diagram-interface-web-cpu-chip-circuit-grow-technology_rtnkbugx__F0014-freshblue

未使用のキャパシティ提供

利用の非効率性

アイドル状態にあるか、または完全に使用されていないコンピュータの形で、膨大な量の未使用のCPUパワーが世界中に存在します。

それは、24時間電源は入っているのにほとんどの場合アイドル状態にあり、作業を要求されることのない世界中のコンピュータのことです。

多くの場合、このようなコンピュータは予備容量のサーバーがオンラインで使用できる状態になっていますが、他の種類のリソースは十分に活用されていないことがよくあります。

ソリューション

コンテンツ生成ネットワークの紹介

増え続けている世界中の未使用のコンピュートリソースを活用し、可用性の高いコンピュートリソースの膨大で高度にスケーラブルな信頼性の高いエッジ対応のCDNと互換性のある堅牢なネットワークに再構成する最新のサービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)ソリューションです。

internet-server-network-1080x1920-freshblue
  • エッジ接続性のある柔軟でスケーラブルな利用時支払い方式の分散サーバーインフラ
  • 企業に、エンタープライズグレードのサービスを確実に行うシステムを提供する
  • 幅広いアプリケーションやサービスをエンドユーザーに届ける
  • 新しいユーティリティートークンで動作し、ブロックチェーンでサポート
  • 膨大な量のアイドル状態のCPUパワーを回収して活用することで、新しいエコシステムが生まれました。
使い方

主な特徴

mediarich.io CGN ソリューションは、誰でもCPUによる共有経済が可能な、複雑で最先端のB2B IaaSソリューションです。

icon
DService
CGNサーバーの構成要素

icon
高スケーラビリティ
常に利用可能なコンピュートリソース

icon
柔軟性
固定経費ゼロ

 

icon
スピード
エッジ接続と配信

icon
高い処理能力
新しい共有経済を可能にする

icon
適応性
マイクロサービスのサポート

Dyncoin

共有経済の創造

CGNを独自のものにするのは、世界中で利用可能な膨大な量の未使用CPUパワーを活用するその設計であり、CPUリソースの新しい共有経済を可能にします。

Dyncoinと呼ばれる新しいユーティリティートークンによって、どのお客様も利用時払いが可能になります。CGN固有の通貨として、すべてのサービス消費に対する支払いと、コンピュータがアイドル時間の多くのプロバイダへの支払いに使用されます。

これにより、企業の規模に関わらず、アップフロントのインフラコストなしでスケーラブルなクライアント/サーバアプリを作る条件が平等になります。

MediaRich.ioは、Dyncoinの価値が上がるときにサービスの価格が上昇しないように、Dyncoinの価格変動からユーザーを切り離します。

Mediarich.ioは、サービスの価格を不換通貨で設定し、システムのユーザーの代わりに不換通貨とDyncoinを積極的に変換することでこれを行います。

クロスライセンス契約

サービスの導入を保証

  • 確実に導入するため、Mediarich.ioはEquilibriumとのクロスライセンス契約を通じてエコシステムを開始します。
  • Equilibriumは、歴戦のMediaGen画像処理サービスを、最初のDServiceとして動作するように移植します。
  • これにより、リリース時にコンテンツコンプライアンスクラウドのエンタープライズユーザーをCGN に移行します。
  • Mediarich.ioは、CGNで動作するため増え続けるアプリケーションを移植する計画を通じて、エコシステムの継続的な導入と成長を促進するために努力しつつ、サービスに初期の主要ユーザーを提供します。

市場主導型ICO

弊社は、市場に価値を確立させる方が、プロジェクトに近い少数の人にそれを評価するよう求めるよりもはるかに公正であるという考えに同意します。結局のところ、ICOの場合、トークンの市場はそれぞれ独自の意見、考え、希望、期待、投資目標を持つ何百または何千もの個人の心で構成されています。
トークンエコノミクス

プライベートセール
2018年9月

45日間

プライベートとプレセールの両方に500,000,000トークンを割り当て。
ソフトキャップ €10M
ハードキャップ€50M
50%の追加のボーナストークンはメインセールの終了後6カ月間償還可能です。
プレセール
2019年1月

14日間

500,000,000トークンの販売は市場主導の価格設定で継続されます。
ソフトキャップなし
ハードキャップ€250m
(プライベートセールを含む)

ボーナスは初日の25%から、毎日1.5%ずつ直線的に減少し、14日目の5.5%で終了します。ボーナストークンはメインセール終了後6カ月間償還可能です。

メインセール
2019年3月
未定

公開セールは、次のような一連の市場主導製品として構成されます。

• 29時間

• 各期間に10,000,000トークンを販売

• セールは繰り返し継続

• トークンの在庫がなくなればセール終了

  • トークンシンボル DYNCOIN
  • プライベートセール開始 2018年9月1日
  • プライベートセール終了 2018年10月15日
  • プレセール開始 2019年1月15日
  • プレセール終了 2019年1月28日
  • メインセール開始 2019年3月1日
  • メインセール終了 未定
  • トークン供給量 5,000,000,000(50億)
  • 販売用トークン 3,600,000,000(36億)
  • トークンモデル 複数の市場主導で29時間提供

トークンの割り当て

  • ICO
  • チームリザーブ
  • アドバイザーおよび初期投資家
  • トークンスワップ

資金の割り当て

  • CGNのエンジニアリングおよび開発
  • エコシステムの再投資
  • マーケティング
  • オペレーション
  • ライセンス イニシャルDService
  • ICO関連費用
  • 不測の事態
  • 法律
ドキュメントをダウンロード

弊社のドキュメントを読む

これは、Mediarich.ioプロジェクト全体を深く理解するための弊社のドキュメントリストです。

タイムライン

ロードマップ

MediaRich.ioチームは、いくつかの重要なマイルストーンの見積もりを示す次のハイレベルな概略ロードマップを購読しています。

2018年第1四半期
コンセプト開発
  • ハイブリッド分散アーキテクチャの概念設計
  • チームの組み立て
2018年第2四半期
リサーチ
  • 競合分析
  • 戦略プラン
2018年第3四半期
ホワイトペーパーの作成
  • テクニカルホワイトペーパー
  • ビジネスモデル
  • トークンモデル
2018年第3四半期
プライベートセール
  • 50%引きのプライベートセール
2019年第1四半期
公開プレセール
  • 最大25%引き
  • 市場主導
2019年第1四半期
公開メインセール
  • ICOプレスツアー
  • Dyncoinトークンのオープントレード
2019年第1四半期
コンセプト開発
  • 完全分散アーキテクチャの概念設計
2020年第1四半期
POCをリリース
  • ベータ版の公開
2020年第1四半期
初めてDServiceを起動
  • コンテンツコンプライアンスクラウドのCGNで「MediaGen」を開始
2020年第3四半期
初めてCGNビルドをリリース
  • サードパーティのコントリビュータなし
2021年第1四半期
CGNをサードパーティのコントリビューターに公開
  • サードパーティのマイナーをネットワークに統合
チームに会う

経営陣

MediaRich.ioチームは、連続起業家精神と大規模な数十億 ドルのインフラソリューションにおける業界に関する専門知識と実績を兼ね備えています。

team
Sean Barger
創業者兼CEO

ソフトウェア業界での30年以上にわたる管理、エンジニアリング、生産経験を持つSeanは、ソフトウェアとSaaSの受賞歴のある先駆的製品の歴史を持つ連続起業家です。Equilibriumの創業者として、Barger氏は、メディアコンテンツをさらに大きな規模で管理して配信するための製品ラインの裏で明確なビジョンを持っています。SeanはMediaRich.ioとCGNの裏にいる先見者です。

team
David ``DJ`` Jennings
CTO

DJには大規模プロジェクトを管理し、拡大した経験があります。MediaRich.ioチームに参加する前は、NetSuiteのソフトウェア設計者としてNetSuiteの技術的成長を導きました。DJは、すべての電子商取引製品の技術的な責任者として、18年にわたり電子商取引プラットフォームと製品を一から設計してきました。DJはCGNの技術アーキテクトとしてその開発を主導し監督します。

team
Matt Butler
VPエンジニアリング

Mattは、ソフトウェアエンジニアリングとしての長い経験を持ち、受賞歴のあるエンタープライズクラスのサーバーを構築し、さまざまな環境でそれらを統合しています。また、ソフトウェア開発チームを管理して技術革新を導く豊富な経験もあります。彼は、CGN上で動作する最初のDServiceの主要な開発者になるでしょう。

team
Brian Rice
リードデータベースおよびDApp

Brianは、35年以上にわたりITプロフェッショナルのチームを率いてきました。彼のプロジェクトは、新製品を市場投入することから、組織内の内部ソフトウェアシステムの開発と進化を計画することまで多岐にわたります。データベースの設計経験を持つBrainsは、CGNのデータベースとDAppの設計アーキテクチャを導く理想的な人物です。

team
Oliver Jensen
戦略およびプロジェクト管理

Oliverには、一流の経営者と技術コンサルタントの経験があります。MediaRich.ioチームに参加する前は、PwCでブロックチェーンと暗号通貨を専門とするシニアコンサルタントを務めていました。Oliverは、IBMとMaerskの間で締結されたブロックチェーンベースのパートナーシップ契約を含む、世界有数のブロックチェーンイニシアチブのいくつかに取り組んできました。

team
Simon Choi
主席法律顧問

Simonは、フィンテック、ブロックチェーン、およびICOの法律を専門とする法律専門家です。北京大学、ロンドン大学、香港大学の法科大学院を卒業したSimonは、20年以上にわたる国際法の経験をMediaRich.ioチームにもたらします。Simonは20以上のICOに正式に参加したことがあります。

                                

チームに会う

諮問機関

MediaRich.ioの諮問委員会は、主要な業界の専門知識を仮想空間で結び付けます

team
James Ellingford
諮問委員会メンバー

Jamesはソフトウェア業界での何十年もの国際的な経験を持ち、世界中の金融機関や政府との密接な関係があります。彼は、メディアとデジタル資産のコラボレーション分野の専門家と見なされています。

team
Michael Terpin
諮問委員会メンバー

北米、欧州/ EMEA、アジア、カリブ/ LatAmでのブロックチェーン投資家会議に成功した2014年誕生のCoinAgendaシリーズで、デジタル通貨の新規事業のための世界初のエンジェルネットワークであるBitAngelsを共同設立しました。 

team
Jeff Hood
諮問委員会メンバー

Jeffは現在、Vantage Tokenの共同設立者であり、MediaRich.ioとその他多数のブロックチェーン企業の顧問を務めています。Jeffは、第8回ブロックチェーンシンポジウムのような様々な国際イベントで講演を行っています。

よくある質問

よくある質問

以下に、ソリューション、テクニカル、ICO関連の質問と回答を少し記載しています。

MediaRich.ioは、今までに類を見ないコンテンツ生成ネットワーク(CGN)を開発しています。 ユニークで柔軟性がありスケーラブルなサービスとしてのインフラストラクチャは、B-to-Bのニーズに焦点を合わせています。消費者と企業クラスの両方のDApp(分散型アプリケーション)に電力を供給する配信サービスのための分散型システムです。 CGNは汎用エコシステムであり、DAppによって世界中で消費される膨大な量のコンテンツを生成して配信するために必要な特殊な作業を実行するため、リアルタイムでの要求処理に対する要求を満たすサービスを提供することに優れた独自のアーキテクチャを採用しています。 CGNエコシステムは、Dyncoinと呼ばれる新しいユーティリティートークンでのみ機能します。

CGNを特別なものにする要因は、世界中で利用可能な未使用CPUの膨大なパワーを活用するその設計であり、CPUリソースの新たな共有経済を可能にします。 CGNは、未知の一貫性のない可用性のコンピュートリソースを蓄積し、巨大で強力な一貫したインフラサービスに再形成し、全体的に一貫した可用性と優れたパフォーマンスを提供します。 アイドル状態のCPUパワーに関連する値が比較的低いため、サービスを提供するためのコストを低く抑えることができます。 弊社は、CGNで動作するように構築または適応されたサービスを意味するDService(分散型サーバーアプリケーション)という用語を作りました。

Mediarich.ioは現在、個人投資家からの資金調達のみ受け付けています。 ご自由にプレセール情報のページにサインアップしてください。 プライベートセールのお問い合わせは、ico@mediarich.ioまたはtelegram @mediarichioまでご連絡ください。

このプロジェクトは、コンテンツコンプライアンスクラウドの構築のためEquilibriumによってテストされ使用され、既存の製品ラインで使用するためにCGNを採用します。 この製品ラインには実証済みの実績だけでなく、新たなMicrosoftクラウドアライアンスパートナーシップと、大きな目標成長計画を持つ新しいホスト型クラウドサービスがあります。 詳細については、次のリンクを参照してください。https://equilibrium.com/equilibriumnew/content-compliance-cloud/

そうです! 弊社は、すぐに利用可能でスケーラブルなオフチェーンの時系列データベースシステムを使して、少額取引を保存し、戦略的にイーサリアムブロックチェーンに接続します。 このソリューションは、ブロックチェーンの正確性を証明するメリットと共に、時系列データベースのパフォーマンスとスループットのメリットをもたらします。 弊社は、設計、構築、導入が複雑ではない、ニーズにしっかりと対応したシステムを構築できると確信しています。

クライアントサーバーの実装では、これはサーバーコンポーネントです。 これは、CGN環境内で実行するために開発されたサーバーソフトウェアです。 DServiceは、明確に定義されたAPIに従って要求を実行し、特定のDAppやDAppシリーズのニーズに合わせたあらゆる形式の特殊な数値計算作業を実行します。

米国を拠点とする企業で、前提およびクラウドベースのメディア処理ソフトウェアの開発および提供に取り組んでいます。 Equilibriumには既存の製品群があり、製品需要の構築に何年も費やし、重要で定評のあるユーザーベースも構築しています。 Equilibriumは、CGN、DApp、およびDServiceをいち早く使用して製品ラインの範囲と容量を拡大し、説得力のある新しい方法でグローバルかつ高スケーラブルな画像処理サービスを提供したいと考えています。

最初のDServiceは、Equilibriumからライセンスを受け、実績のある技術で構築されました。 MediaGen DServiceは、CGNを活用して、DAppのMediaGenシリーズやクライアントアプリケーションを動作させるのに必要なサービスレイヤを提供します。 CGNエコシステム内で動作するMediaGen DServiceは、画像、アニメーション、フォント、オーディオ/ビデオ、動的処理、レンダリング操作のために、一般的でほぼリアルタイムの要求処理を実行するためのサービスを提供します。

対照的に、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)は、エンドユーザーが常に地理的に近いサーバーからWebアセットにアクセスできるように、静的アセットの配信をクライアントアプリケーション(WebブラウザやDAppなど)に分散するように設計された既存のテクノロジです。 これにより、取引のラウンドトリップタイムが大幅に短縮され、ユーザー体験が向上します。 また、世界中の多くのユーザーが同じアセットを同時に要求しようとする場合に、中央のアセットストレージおよび配信メカニズムの負荷スパイクを管理するのにも役立ちます。 CGNは、販売ではなく世代を重視する点でCDNとは異なります。 CGNは、史上初めてCDNの原則を動的コンテンツに適用し、世代を分散させて、動的コンテンツの消費者が地理的に近いサーバーからできるだけ早くカスタマイズしたアセットを取得できるようにする、画期的な技術です。

CGNは設計上、CDNとも互換性があります。つまり、さらにロバスト性を高めるためCGN自体をCDNで包むことができます。 CDNとCGNとのペアリングは、同じコンテンツを繰り返し再生するのを防止し、CDNによる追加の分散型グローバルキャッシュの恩恵を受けるための基礎となる動的コンテンツの配信を可能にしつつ、両方の利益をもたらします。 これにより、同一コンテンツの重複再生に起因するCGNの不要な計算負荷を軽減することができます。

弊社は、5,000,000,000(50億)トークンを提供します。

弊社は、市場に価値を確立させる方が、プロジェクトに近い少数の人にそれを評価するよう求めるよりもはるかに公正であるという考えに同意します。 結局のところ、ICOの場合、トークンの市場はそれぞれ独自の意見、考え、希望、期待、投資目標を持つ何百または何千もの個人の心で構成されています。

この段階の目的は、プロジェクトの初期開発に資金を供給し、チームを運営してICOの終了までプロジェクトを実施するための資金の早期調達です。 クラウドセールのこの部分は、ICOを通じてプロジェクトを成功させるための専門知識と助言を提供する少数の資格のある投資家に提供されます。 プライベートセールに関するお問い合わせは、ico@mediarich.ioまたはtelegram @mediarichioまでご連絡ください。

公開メインセールでは、29時間にわたって10,000,000トークンのブロックサイズを分散させ、すべてのトークンが販売されるまで継続的に繰り返されます。 29時間の期間は、毎日、入札の最終時間は4日に一度、各タイムゾーン近くの都合のいい時刻になることを保証します。 この結果、最終時間は毎日タイムゾーンごとに東から西へ7時間移動し、約3.5日ごとに地球を周回するパターンになります。公開プレセールとメインセールの詳細については、ホワイトペーパーをご覧ください。

サインアップ

プレセール情報にサインアップ

ご質問はありますか? 弊社にご連絡ください。すぐに折り返しご連絡いたします。

    • 電話 + 1 (415) 886-8284
    • メール ico (@) mediarich.io
    • tele mediarichio

プレセールの開始
  • 00 Days
  • 00 Hours
  • 00 Minutes
  • 00 Seconds